「北京オリンピック」って英語で言ってみよう!

はじまりましたね、北京オリンピック✨
北京は英語で”Beijing”といいます。「ベイジン」と発音します。
前回の夏の北京オリンピックのとき、ネイティブの先生とオリンピックの話になって、日本語では「ペキン」って言うよ、って言ったら、「なにそれーーー変なのーーー!」って言われて、「いやいや、ベイジンって!何でベイジン?!」って盛り上がったことがあります笑笑
ペキンとベイジン、似てるからなおさら面白かったです。
北京オリンピックは英語で、”Beijing Olympics”です☺

私は競技をみるのももちろん好きですが、開会式や閉会式をみるのも大好きです!
特に開会式の各国の選手が入場してくるところが好きで、いろんな国の民族衣装を知れたり、国の名前を英語で何て言うのか聞いたりするのが楽しいです♪
選手入場はかなり時間がかかるのですが、見てると結構あっという間です!

あやこ先生的注目の選手は、スピードスケートの小平奈緒選手とジャンプの高梨沙羅ちゃんです♡
あっあとハーフパイプの平野歩夢くんも見たいです!!
忙しい~(*´▽`*)

オリンピック期間中はちゃんと見れなくてもテレビを付けて、オリンピック映してます!
あんな大舞台で戦ってる方たち、国籍問わず、尊敬します!!
ベストを尽くせるよう、あとケガしないでね、とテレビの前で応援しています(^^)

頑張れニッポン~!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA