colorsについて

千種区の子ども英語教室 colors

Ayako
Ayako

Hello, あやこ先生です!

私自身の学習者としての経験、海外留学、長年大手子ども英語教室で働いて学んだこと・感じたこと・想いをcolorsに詰め込んでいます♡

子ども達のカラフルな未来を作るために

英語を学ぶことを通じて子ども達に身に付けてもらいたいのは、「自分ならできる!」という自分を信じる心です。子ども達が幸せな人生を歩んでいくために欠かせない力だと思っています。

どんなお教室?

教室ご紹介

Ayako
Ayako

教室を決める際には、場所、値段、お友達も通ってる…など様々な要素があり、悩んでしまいますよね💦
これからcolorsのことをご紹介していきますので、お子さんにどんな環境で学んでほしいか、どんな風になってほしいか、保護者の方の思いやお子さんの性格に合うかどうかなどなど、確認するヒントになれば幸いです☺

colorsについて

コンセプトは「自信を育てる」

colorsの土台となるコンセプト。お子さんの「自信を育てる」ことです✨

キーワードは「自己効力感

小学生くらいになったら、英語力をスキルとして磨くことで、「ぼくは英語ができるんだ」「わたしは英語が得意なんだ」という自信を育てていくことが何よりも大切になります。

斉藤 淳:元イェール大学助教授 DIAMOND ONLINEより引用

正しい英語学習には、人生に激しい化学変化を引き起こす「触媒」としてのパワーがある

斉藤 淳:元イェール大学助教授 DIAMOND ONLINEより引用

「自信を育てる」ために必要なこと

自分を信じる

「自分ならできる」という自分自身の可能性に対する信じる力

自分で選ぶ

自分で考え、物事を選ぶ・決める力

チャレンジできる力

たくさんのチャレンジと成功体験。できなくても再チャレンジできる力

お子さんの将来に期待できること

積極性

英語に限らず、自分が好き・やってみたいと思うことに自ら積極的に参加できるようになります。

自立・自律

好きなこと・やりたいこをやり続ける子供は自ずと自立していきます。その過程が自律する大人に成長させてくれます。

豊かな価値観

自分が好きなこと、やりたいことをやっている子どもは幸せです。自分の心に余裕があるから周りの人にも優しくなれるから交友関係も豊かになります。

自らの経験から感じたこと

colorsには、私が大手子ども英語教室を12年間経験したなかで感じた「もっとこうしてあげたいな」「こっちの方がより良いはずなんだけどな・・」と思ったことを実現しています!

もっと子ども達に寄り添って、より良い環境で子どもたちに英語を教えたくて私の教室colorsをスタートしました♡

私のこだわりポイント

「自信」を育てるために

英語はもちろん、同じくらい大切なことは、お子さんの「自信」を育てることだと考えています。
自信がつけば、自ずと良いサイクルが生まれます。
私自身、中学校で英語が好き・得意になり、そこから海外に行ってたくさんの経験をし、英語を教える仕事をして・・・
得意なことができたことで、私の人生はとっても彩り豊かなものになりました!

colorsでの日々が、お子さんが自信をつかむきっかけとなり、カラフルな人生を歩んでいける土台作りのサポートをすることを目指しています(^^)/

4C教育を取り入れたレッスン

これからの子どもが社会で活躍するために必要な4つの”C”

  • Communication(コミュニケーション)さまざまな人と意思疎通ができる
  • Collaboration(コラボレーション)協力しあうことができる
  • Creativity(クリエイティビティ)創造力を発揮できる
  • Critical Thinking(クリティカルシンキング)与えられた答えだけに頼らず、あらゆる問題を自分の力で分析したり解決できる

英語教室で何を学ぶ?

習ったはずの単語を忘れてしまうこと、ありますよね。そんなときはついつい助けて/教えてあげたくなります。
でも私は分からない単語を教えることより「分からないときどうするか」「何と言えば良いのか」を教える方がずっと大事だと思っています。
“Hint please.” “I don’t know.” “Help me please.” など、先生に助けを求めても良いですし、お友達に聞いたっていいです。大事なのは問題をどう解決するのか、自分自身で考えること、その術を知ること。
教室で起こるささいなことも、子ども達の成長の機会ととらえ、どう対応するのが一番子ども達の未来につながるかを考えています。

英語を「練習する」ではなく「使う」教室

Practice⇒Use English!

「今日はテキストのこのページだから」「先生が言うからリピートする」という、テキストブックセンターなレッスンではなく、そこに子ども達の感情をのせるレッスンをしています。
例えば I don’t have it.という英語、haveは「持っている」という一般動詞で、否定文にするときはdon’tを付けて…といった、知識での英語ではなく、「持ってないよ!!」と心から思うから言う、そこに「言いたい」という気持ちやニーズがあるか、生徒センターで子ども達の感情が動くかどうかを大切にしています。
テキストやカリキュラムにとらわれないコミュニケーションとしての英語力、「練習」では終わらない「言いたいことを言いたい時に英語で言えるようになる」子ども達の英語が飛び交うレッスンを目指します。

「自信」を育てるための環境作り

少人数グループレッスン

6~8名程の少人数クラス。
お友達と協力して学べ、発表の練習にも最適な環境です。

選び抜いた教材

11レベルのレッスン。年齢や能力に合わせて子ども達の理解やチャレンジをサポートします。

安心して学べる環境

間違いや失敗は恥ずかしくない!前向きになる声かけでいっぱいの教室です。

マッチング

最後に、、

どのようなお子さんに育ってほしいと思われてますか?
もし「 ポジティブで自信を持った子に育ってほしい 」と思われたら、ぜひ一度体験に来てください♪

レッスン風景ごらんください♪