コミュニケーション能力の「素地」って?

2020年に学習指導要領が改訂され
小学校3年生から英語がスタートしたことは
ご存じの方も多いと思います。

文部科学省は小3、4年生の英語教育の目標を
「コミュニケーション能力の素地を養う」
としています。

そ・・・・素地?
そじ??

あまり聞き慣れない言葉ですよね。
辞書で調べると
「 何かをするときの基礎。土台。」
と出てきます。

では、英語教育において、
素地=基礎・土台とは
どういうことなのでしょうか?

上智大学名誉教授で、英検協会会長の
吉田研作先生の講座によると、素地とは
コミュニケーションで「通じた!」「通じなかった」
また、「分かってもらえて嬉しい」という
「感覚」を指しているとのことです。

国は子ども達に、小3、4の2年間で
まずその「感覚」を養ってほしいんですね!

確かに、素地・感覚が備われば、
「もっとコミュニケーションしてみたい」っていう気持ちになりますよね♡

私もこれまでレッスンしてて
楽しく学ぶ→分かる・できる!→もっと頑張りたい!→もっと積極的に学ぶ・・・
というポジティブサイクルでレベルアップする子ども達を
たくさん見てきました♡

全国の子ども達全員が、英語に対して
ポジティブな感情をもってくれたらいいなーーーー!!!
と思います。

まずは自分の生徒から・・・✨
日々、より良いレッスンを作るために
試行錯誤しているのです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA